求人が多いタクシー運転手のメリットと注意点

求人が多いタクシー運転手は休日も多くてマイペースで働ける

ロゴ

求人が多いタクシー運転手のメリットと注意点

タクシー

タクシー運転手になるメリット

タクシー運転手として働くメリットは主に3つあります。1つ目はマイペースに働けることです。タクシー運転手は業務時間内は常に会社の外にいます。お客さんを探して乗せるのが仕事ではありますが、疲れているときは休憩を多めにとったり自分の好きなタイミングでランチをとることもできます。オフィスで決められた時間できっちり仕事をして、決められた時間で休憩するのが苦手な人には最適な仕事といえるでしょう。2つ目のメリットは、人間関係で悩みにくいことです。タクシー運転手は一人での仕事がメインになります。上司や先輩と関わる時間は少ないので、人間関係で悩むことはほとんどありません。人間関係が苦手な人もタクシー運転手は1つの良い選択肢になるでしょう。3つ目のメリットは、休日が多いことです。タクシー運転手は隔日勤務が基本の勤務スタイルになります。そのため、一ヶ月の勤務日数は13日前後になります。つまり残りの17日は休みということです。他の仕事に比べても休みが多いため、毎日忙しく働きたくない人にも人気の職業です。

ドライバーの注意点

タクシー運転手は多くのメリットがありますが、他の職業にはない注意点もあります。最も気をつけるべきことは、「交通事故」です。自動車の運転は、難しくはありませんが危険と隣り合わせでもあります。また、タクシー運転手のように長時間クルマを運転する仕事は、判断力や集中力がより必要になります。取り返しのない交通事故を起こしてしまうこともあるので、乗客を守るためにもその点だけは特に注意するようにしましょう。事故の確率を減らすには、「無理な運転をしない」、「疲れたら休憩をとる」といった心構えが大切です。次に注意すべきことは「交通違反」です。交通違反を起こした際の罰金はもちろん自腹になります。お金を稼ぐために働いているのに、お金を払ってしまっては意味がありません。交通違反を起こさないためにも、交通ルールについてしっかりと理解することはタクシー運転手になるための最低条件になります。交通事故と交通違反の他にも「腰を悪くするリスク」も注意点の1つとして挙げられます。長時間クルマを運転するので、腰に負担がかかることは避けられません。腰を悪くするまえに、「一定の間隔で下車してストレッチをする」、「腰痛防止用のクッションを使う」といった工夫が必要になります。

タクシー会社の選び方

タクシー運転手には、会社に雇われているタクシー運転手と個人で経営している個人タクシー運転手の2種類があります。ほとんどの方は、会社に雇われています。未経験でタクシー運転手を始める方も、タクシー会社へ入社して始める方がリスクも少なく安心です。タクシー運転会社は、全国に数多くあり求人も常にあります。社員の扱いがひどい会社もあれば社員が優遇されている会社もあります。ここでは、自分に合ったタクシー会社の選び方について説明します。タクシー会社を選ぶときは、自分が会社に最も求めている条件を明確化することが大切です。例としては、給与面・待遇面・環境面の3つが挙げられます。給与面を重視している方ならば、歩合給で歩率が高い会社を選びましょう。歩率が高いと、働けば働くほど給料が高くなります。入社年数に関係なく多く稼ぐことが可能です。待遇面を重視している方は、研修制度や定年制度、寮制度などをチェックしましょう。会社によって待遇面は大きく変わります。未経験の方ならば、研修制度が充実している会社を選ぶと、タクシー運転手としての基本をすぐに身につけることができます。次に環境面ですが、タクシー会社によっては隔日勤務ではなく、お昼だけの勤務や夜だけの勤務が可能な会社もあります。こういった環境面は、あなたのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。このように、いくつかの面を考慮してタクシー会社を選ぶことで、自然とあなたに合ったタクシー会社を見つけることができるはずです。

運転手の仕事人気ランキング

no.1

タクシー運転手

最も人気が高い運転手の仕事は「タクシー運転手」です。都市部では特に人気が高い仕事です。未経験でも採用されやすく、普通二種免許があればタクシー運転手として働くことができます。

no.2

トラック運転手

運転手の仕事人気ランキング第二位は、「トラック運転手」です。常に一定の求人がある運送業界の業績は右肩上がりで、若者の就職も増えてきています。

no.3

バス運転手

トラック運転手の次に人気の仕事は、「バス運転手」です。観光用バスや公共交通機関としてのバスなど様々なタイプがあります。コツコツと頑張れる人に向いているといわれています。